【歯科衛生士求人】無料!転職支援おすすめサイト

院長との人間関係を良くするには


職場選びは慎重に!

歯科衛生士は、専門学校や短期大学などで歯科衛生士に関しての教育を受け国家資格に合格して歯科衛生士国家資格を保有しています。

活躍の場は一般的な歯科クリニックや大学病院だけではなく、保健所や高齢者施設などでのニーズも高い職種となっています。

結婚・出産などで退職する歯科衛生士が多いため、慢性的な人手不足となっているのでほぼ100%の就職率となっています。

比較的求人が安定している職種と言えるでしょう。

歯科衛生士の就職先は、歯科医院の他にも大学病院や歯科メーカーなどの一般企業、保健所、最近では老人介護施設など様々です。

その中でも、やはり1番多い就職先は歯科クリニックです。

一般的な歯科クリニックでは、院長である歯科医師1人に対して複数の歯科衛生士で診療を行うケースが多くなっています。

そのため、その医院の院長である歯科医師の影響力がとても強くなります。

苦労して探し出した歯科医院で働き始めて、どうしてこの歯科医院で働いてしまったんだろう・・・と歯科衛生士さんなら1度は思ったことがあると思います。

就職活動をしているときには感じることができなく、実際に働いてみないとわからない部分はありますが、職場選びは慎重に行う必要がありますね。

院長との人間関係を良くするために大切なことは、「自分の気持ちを変えること」

働き始めてから後悔しても簡単に辞めることができないのが現実。

歯科衛生士という職業に関わらず、どんな職場でも人間関係は仕事を辞めたいと思う1番の理由ですよね。

歯科医院の他のスタッフとの関係は円滑にまわっていても、歯科医院の長である院長とのコミュニケーションがうまく取れていないと、仕事へのやる気もなくなってしまいます。

面接の段階で、院長の人柄、スタッフが働きやすくしているか、スタッフとの人間関係が作られているかなど見学などで十分に見てから、就職先を選ぶことが大切です。

働く環境がよければ、仕事のやりがいを感じることができるようになるでしょう。

仕事の能率がアップすることで、給料への反映も期待できます。

院長との人間関係を良くするために大切なことは、「自分の気持ちを変えること」です。

基本的に、院長の気持ちは簡単に変わるものではありません。

言われたことに反発するのではなく、一度素直に受け止めて実行してみてください。

相手の考えを飲み込んだことで、冷静になれることもあります。

理不尽なことがあって我慢できない時は、先輩歯科衛生士や同僚歯科衛生士に悩みを聞いてもらうこともオススメです。

相談する時には、ただの愚痴にならないように注意しましょうね!

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓