【歯科衛生士求人】無料!転職支援おすすめサイト

結婚・出産後でも職場復帰できる?


歯科衛生士の仕事に復職したい!とお考えの方へ

人生の大イベントである、結婚や出産。

自分では仕事を続けたいと願っていても、拘束時間が長かったり、パートナーとの休日が合わなかったりすると退職という選択をしなくてはいけないこともありますよね。

仕事の種類や職場の特徴で、結婚や出産でどうしても退職をしなくてはいけない場合もあります。

歯科衛生士の方で出産して子育てが落ち着いたから、歯科衛生士の仕事に復職したい!と願う方も多いと思います。

職場復帰したい理由は人それぞれありますよね。

・子育てが落ち着いたから短時間のパートで働きたい
・国家資格である歯科衛生士資格を活かしたい
・身につけたスキルを活かしたい

などがあります。

歯科衛生士は長く働き続ける事ができる仕事

歯科衛生士の魅力の1つは、身に付けたスキルや知識を生かして長く働くことができることです。

歯科衛生士の資格は一生続けられるものなので、一度歯科業界から離れたとしても歯科衛生士として職場復帰することができます。

ブランクが長くなればなるほど、不安や心配なことが多くなることでしょう。

全国の歯科衛生士会では、復職のための歯科衛生士復職支援セミナー、研修会、講習会などが各地で開催されています。

スムーズに職場復帰できることを目的としている支援体制なので、活用すると良いですね。

専門職となるので、忘れていた知識、新しくなった予防や治療方法、仕事の勘などを取り戻す努力が個人的に必要になりますが、結婚や出産をした後でも職場復帰をすることはできると言えます。

パートでの働き方がおすすめ

出産の後、子どもに手がかかるうちはパートでの働き方を選ぶ方が多いです。

1日に短時間、週に3~4日と言った短時間での勤務となります。

パートのお給料は時給制となることが多いので、正社員やフルタイムで働くほど稼げないです。

けれども、複数の歯科医院を掛け持ちすることも可能ですし、時間の調節をしやすいということが最大のメリットですね。

子どもの成長が落ち着いたら、フルタイムでの勤務に戻る歯科衛生士もいます。

子育て真っ最中だったり子育ての経験がある歯科衛生士を歓迎してくれる歯科クリニックが増えています。

近年、予防歯科への認識が広まってきているので我が子の歯の関心も高まりつつあります。

同じ世代のお母さんたちに頼りにされることも多くなるでしょう。

人員不足の歯科クリニックが多いので、歯科衛生士の求人は見つけやすい傾向にあります。

子育てをしながら、無理なく働ける職場を探すことができるでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓