【歯科衛生士求人】無料!転職支援おすすめサイト

歯科衛生士を辞めたいと思う時


仕事に関する様々な悩みを抱えている歯科衛生士は多い

歯科衛生士が仕事を辞めたいと思う時はどんな事でしょうか。

仕事に関する様々な悩みを抱えている歯科衛生士は多くいます。

人によって退職理由や転職理由は異なってきますが、ここでは歯科衛生士が仕事を辞めたいと思う主な理由をご紹介しています。

人間関係で仕事を辞めたい

歯科医院の多くが小規模な歯科医院になります。

スタッフもそれほど多くなく、少人数で経営が行なわれている歯科医院が多いです。

そして、歯科医院で働く歯科衛生士のほとんどが女性になります。

女性の職場で切っても切れないものが人間関係になりますね。

実はいうと歯科衛生士の退職・転職理由で最も多いのが人間関係なのです。

先ほども述べましたが歯科医院で働くスタッフは少人数ですから一度でも人間関係が悪化してしまうと職場にいづらくなってしまいます。

すぐに関係を修復できればいいですが、女性の場合一度でも人間関係がこじれてしまうとなかなか修復するのが難しいものです。

他にも院長と合わないという事を理由に退職・転職をする方も多いです。

歯科医院では院長が中心になって仕事をしていく事になるのでこの院長と人間性や性格が合わなければ仕事もしづらくなってしまい、結果的に辞める事を選択してしまう歯科衛生士さんが多いですね。

人間関係の問題はどの職場でもあり得る事ですが、多くの女性が働いている歯科医院では特に多いのではないでしょうか。

実際に歯科衛生士の退職・転職理由で最も多いのが人間関係ですから。

現在、転職をお考えの歯科衛生士には人間関係が良好な職場に転職をしてもらいたいと思います。

仕事のわりに給料が安い

歯科衛生士のお仕事は専門性が高い仕事になり、国家資格を取得しなければ就く事ができません。

仕事も歯科医師のサポートをする事になりますが、実際に患者さんの口も触る事になるので神経も相当使います。

このように専門的な知識や技術が必要になる歯科衛生士ですが給料は決して高いものとは言えないのが現状です。

給料に関する不満や悩みを抱えている歯科衛生士も多く、給料が安いからという事を退職・転職理由で挙げられる方も多いです。

給料は働く職場によって異なってきますが、相場的にどこの歯科医院でも同じような給料になります。

事の割には給料が安いという不満を持つ歯科衛生士も多く、経済的に苦しいという事で違う職種に転職をしてしまう歯科衛生士さんも少なくはありません。

こういった事も歯科衛生士を辞めたいと思う時になるようです。

s

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓