【歯科衛生士求人】無料!転職支援おすすめサイト

勤務時間が長い・拘束時間が長い


歯科衛生士の一般的な勤務時間は朝から夕方まで

患者さんのお口の健康を守る仕事の歯科衛生士。

歯科衛生士の勤務時間は、働き方によって様々です。

正社員でのフルタイム、パートタイム、アルバイト、派遣、フリーランスなどがありますよね。

歯科医院で働く正社員の歯科衛生士は、、各クリニックの診療時間に合わせて働くこととなります。

一般的な働き方は、朝から夕方までというスタイルが多いようです。

その中でも、朝から夕方まで・午後からラストまで・朝からラストまでとシフト制のスタイルもあります。

近年では、仕事帰りのサラリーマンやOL、学生をターゲットにして夜遅くまで診療している医院もありいます。

受付時間の他に、診療時間が決まっているので過度な残業はありません。

診察が午前、午後と分かれているので、お昼休みを長く取っている歯科医院が多いです。

大学病院では朝から夕方までの勤務で、交代制でお昼休みを取っているようです。

保健所や老人介護施設で働く場合も、各施設の決められた時間に合わせて働きますが、だいたい9時から17時くらいまでの勤務時間が多いです。

勤務時間は短くても拘束時間が長くなる事も

またフルタイムでの勤務の場合は実働8時間程度となっていますが、パートやアルバイトなどで数時間での勤務、フリーランスで複数の歯科医院を掛け持ちしている歯科衛生士もいます。

フルタイムでの実働時間は、一般企業と変わりがないように思えますが、お昼休みが2時間から2時間半ほどとなっているので、朝からラストまでの通しのシフトでは拘束時間が長くなるのが特徴です。

休日ですが、必ずしも土日祝日がお休みとは限らなくなってきています。

土日診療をして水曜日がお休みだったり、水・土曜午後半休で日曜日がお休みなど様々なパターンの歯科医院が増えています。

フルタイム勤務の歯科衛生士の場合、週1日の休診日を入れて交代で月7~8日お休みの場合が多いようです。

ただし、完全週休2日を組んでいる職場もあります。

ゴールデンウィーク・年末年始・お盆などは休診になる場合がほとんどです。

歯科衛生士は、1日に何時間も残業をすることがほとんどありません。

一般的なクリニックでは夜勤はありませんから、生活が不規則になることもないです。

決まった休日に休めることができるのでプライベートな予定を立てやすいです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓