【歯科衛生士求人】無料!転職支援おすすめサイト

労働環境が良い職場に転職をするには


労働環境が良い職場に就職する方法

働くには誰もが労働環境が良い職場で仕事をしたいものですよね。

残業がなく、休みもしっかりある、福利厚生もしっかり整っていて、スタッフとの人間関係も良好。

このような働きやすい環境で仕事をしたいと誰もが思っているはずです。

歯科衛生士が活躍している職場の多くが歯科医院や歯科クリニックになる訳ですが、悪い労働環境だという話はあまり聞きませんね。

唯一、聞く事ができるものは人間関係の問題や拘束時間の問題くらいでしょうか。

人間関係で悩んでいる歯科衛生は多い

歯科衛生士は女性が中心になります。

歯科医院や歯科クリニックで働いているスタッフも医師以外は女性だという職場は多いです。

規模が大きい歯科医院ですとそれだけ多くのスタッフが働いており、人間関係がこじれてしまう可能性も高くなります。

女性社会での人間関係はよく難しいと聞きますよね。

実際に歯科衛生士の中には人間関係で悩んでいる方も多く、歯科衛生士の転職理由・退職理由で最も多いのが人間関係になります。

残業はないけど拘束時間が長い

歯科医院や歯科クリニックでは利用者のニーズに応えるために夜に診察をしたり、土日祝も営業をしている事があります。

夜までの営業時間になると勤務時間が長くなってしまうので休憩時間を長く設けている歯科医院などもあります。

例えば、午前の診察時間が10時~15時、2時間の休憩を挟んで、夜の診察時間が17時~20時の場合だと、勤務時間は8時間になりますが、拘束時間は10時間になってしまいます。

たとえ、休憩時間は自由な時間だといっても2時間程度じゃなにもできませんよね。

こういった労働環境の歯科医院や歯科クリニックもあり、残業はないけど拘束時間が長いという場合もあるので注意が必要ですね。

現場見学をして自分の目で職場環境を確かめる

上記でご紹介してきたように職場環境が悪いとすぐに退職する事に繋がってしまうケースも考えられるので、求人探しをしている時や就業する前には必ずその職場の労働環境を調べなければいけません。

ホームページ等で確認する事もできますし、最近では現場見学ができるサービスを提供している歯科衛生士専門の求人サイトをあります。

就業前に現場見学をする事ができれば自分の目でその職場環境を確認する事ができるので、就業後のニアミスを防ぐ事ができます。

就職してから後悔しないためにも事前に職場環境を調べる事は大切な事になります。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓